結婚式の服装マナー

結婚式には服装にもマナーがあります。
うっかりそんなNG地雷を踏む事がないように、前もって知っておくようにしましょう。
まず女性の場合はフォーマルなものであり、ロングドレスなどもOKですが、華美にならないようにします。
また結婚式では肌の露出にも注意し、ボレロを羽織るなどすることも重要です。
ミニドレスも膝上5㎝程度に抑えるようにしましょう。

ドレスの色は白やオフホワイトのように白に近いものは、花嫁とかぶるためNGとされています。
また正式なフォーマルだとしても黒一色ではお葬式と同じになります。
そのためアクセサリーやコサージュなどで華やかにすることも大切です。
また華やかにと思って、毛皮や人工ファーなどを付けてしまう人もいますが、毛皮や皮の服は動物を殺すというイメージがあるので、皮を使うのは靴だけにしてドレスには絶対に付けないようにしましょう。
正式にはバッグも靴も布を使ったものなどになります。

次に男性について考えてみましょう。
男性の場合もフォーマルな服装ということで、普段のスーツではなく、できれば式服がおすすめです。
燕尾服などは逆に麗々しくなり仲人以外は新郎とかぶるので避けましょう。
また色も白やグレーの薄いものは新郎とかぶるので注意が必要です。
ブラックか、濃いめのグレーの式服がいいでしょう。

またネクタイも昔はみんなが白でしたが、今は銀色や白と銀のストライプなど式服としてもOKな豪華なイメージの物も出ています。
また最近はピンクやブルーが入ったものも見られますが、あくまでも薄い白に近い色であることが基本です。
また蝶ネクタイは避けるようにしましょう。



〈特選外部リンク〉
地金の色やデザインから結婚指輪を選べるサイトです ・・・ 結婚指輪 デザイン

Copyright © 2014 結婚式に呼ぶ人について All Rights Reserved.